JAGES HEART: 日本老年学的評価研究による健康の公平性評価・対応ツール

JAGES HEART

2011年より、WHO神戸センター(WKC)では、JAGES(Japan Gerontological Evaluation Study, 日本老年学的評価研究)プロジェクトと協働し、日本における高齢化に関する実証に基づいた政策立案の評価改良に取り組んでいます。

JAGESプロジェクトは厚生労働科学研究費補助金の指定研究として、2000年に施行された介護保険の総合的政策評価ベンチマーク・システムの開発を行っています。特に、日本の政策立案者が高齢者間での健康格差について評価・対応できるようなツールを、WHOのアーバンハート(都市における健康の公平性評価・対応ツール) と調和するかたちで開発するために、WKCではこの取り組みに協力をしています。

ベンチマーク・システムの開発には、1999年からの愛知老年学的評価研究(AGES)と日本老年学的評価研究(JAGES)からのデータを利用します。2010/11年のJAGES調査には、全国から31の自治体が参加し、高齢者約100,000人の社会経済状況、および健康状態についての情報が収集されました。都市内の地域間における健康格差の分析が可能になるように調査サンプルがつくられています。

JAGESに参加する大都市がまだ少ない中、神戸市は2010/11年の調査に参加しました。これは、高齢者の健康をより良く守り、促進するために、確実なエビデンスにもとづいた政策や事業決定を行なおうとする、神戸市のコミットメントの表われと言えるでしょう。

主要参考文献:
  • 近藤克則編 「検証『健康格差社会』-介護予防に向けた社会疫学的大規模調査」(医学書院, 2007)
  • Kondo K ed: Health Inequalities in Japan: An Empirical Study of the Older People.Trans Pacific Press, Melbourne, 2010