「グローバル・ヘルス(国際保健)、私たちにできること」
ひょうご・こうべ保健医療ハイスクールサミット開催のお知らせ

WHO神戸センター、G7神戸保健大臣会合推進協議会共催、厚生労働省後援でフォーラム「ひょうご・こうべ保健医療ハイスクールサミット~国際保健、私たちにできること~」を開催します。

この日に向けて、県下6校の高校生は「健康と食育」「セルフメディケーション」「薬剤耐性菌(AMR)」「カンボジアの下痢性疾患」「感染症問題について」「母子を支える新たなコミュニティづくり」「高齢化社会における健康長寿」のテーマについて半年間討議を重ねてきました。

G7神戸保健大臣会合を直前に控え、本フォーラムでは将来を担う兵庫県下の高校生たちがグローバル・ヘルス(国際保健)に関して、自分たちにどのような貢献ができるのかを考えます。

フォーラム「いま、改めて世界の健康を考える」を開催 ~
伊勢志摩サミットからG7神戸保健大臣会合に向けて~

関西学院大学、WHO神戸センター、G7神戸保健大臣会合推進協議会は共催でフォーラム「いま、改めて世界の健康を考える ~伊勢志摩サミットからG7神戸保健大臣会合に向けて~」を6月8日、兵庫県西宮市の関西学院大学にて開催し、学生など約100人が参加しました。

9月に神戸で開催されるG7神戸保健大臣会合を約100日後に控え、会合で議論される世界の保健課題について、また日本が果たす役割についてWHO神戸センターのアレックス・ロス所長が講演し、久木田純・関西学院大学教授とのトークセッションではWHOのような国際舞台で活躍する「世界市民として活躍になるためには」をテーマに議論が展開されました。

G7伊勢志摩サミット- 国際保健に関する取り組みを発表
WHO総会-新しい健康危機管理プログラムと健康と高齢化に関する新戦略が採択

5月27日 G7伊勢志摩サミットの首脳宣言が本日採択され、喫緊の保健医療課題に直面する国や地域のための国際保健に関する積極的な取り組みが示された。これには、公衆衛生危機への対応、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の推進、健康でアクティブな高齢化、新しい世界的なUHC2030協調プラットフォーム、薬剤耐性菌(AMR)対策などへの対応が含まれている。

また、現在スイスのジュネーブで開催されているWHO総会において、加盟国は新しいWHO健康危機管理プログラムによる重要な構造改革と健康と高齢化に関する新戦略を採択した。

「いま、改めて世界の健康を考える」開催のお知らせ ~伊勢志摩サミットからG7神戸保健大臣会合に向けて~

関西学院大学、WHO神戸センター、G7神戸保健大臣会合推進協議会は共催でフォーラム「いま、改めて世界の健康を考える ~伊勢志摩サミットからG7神戸保健大臣会合に向けて~」を6月8日、関西学院大学にて開催します。

いよいよ今月26日と27日には伊勢志摩サミットが開催されます。また、9月11日、12日には神戸市内でG7神戸保健大臣会合が開催され、保健分野における国際的な課題についてG7の保健担当大臣が議論します。

今回のフォーラムでは「世界の健康について」学生の皆さんと一緒に考えてまいります。また、WHOやWHO神戸センターの役割について紹介させていただき、将来国際機関で活躍したいと希望する学生さんのために、国際人として望まれることについても議論を行います。
多くの皆さんのご参加をお待ちしています!





WHOの名称及びロゴマークの不正使用に対する警告

世界保健機関(WHO)は商業目的の事業、商品やサービスを推奨、または、認定したりすることはありません。


fact buffet

都市部の健康評価

8億8000万世界の都市居住者のうち、8億8000万人がスラム( 非正規居住区)に暮らしています。

都市部の健康評価

禁煙都市プロジェクト

11%国の禁煙法により保護されているのは世界人口の11%

都市部の保健介入策

都市部の健康危機

60万1990年代には60万人が気候に関連した自然災害で死亡

都市部の健康危機

お問い合わせ

WHO健康開発総合研究センター
〒651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1
I.H.D. センタービル 9階
電話:(078)230-3100
FAX:(078)230-3178
電子メール: wkc@who.int

WHO神戸センターの事業内容に関するお問い合わせは、電子メールで wkc@who.int にお送りください。

WHO本部に関するお問い合わせは、 http://www.who.int/about/contact_form/en/ からWHO本部にお問い合わせください(英語)。