都市における健康の公平性評価・対応ツール(アーバンハート)

アーバンハートは、自治体や国の当局者が都市の健康格差を特定し是正するために活用できる使いやすい手引書です。WHO健康の社会的決定要因に関する委員会において得られたエビデンスをもとに、アーバンハートは、医療保健セクターに偏らない包括的なアプローチによる健康の公平性を目指す取り組みを推進します。

2008年のパイロット・プログラム開始以降、アーバンハートは、ブラジル、インドネシア、イラン、ケニア、マレーシア、メキシコ、モンゴル、フィリピン、スリランカ、ベトナムで試験的に導入されています。2011年までに、ほぼ50カ国において当局者向けの研修が実施されています。


アーバンハートの原則

アーバンハートは、次の4つの主原則に基づき開発されました。

1. 使いやすさ
アーバンハートを活用することにより、あらゆる関係者にとっての健康の公平なあり方、ならびに、その決定要因を実感として把握できるようになります。

2. 包括的
アーバンハートは、極めて包括的であるその手法をもって、異なる部門を代表する関係者間においての賛同・参加・効果的な意見交換を促す上でも役立ちます。

3. 長期的に実行可能
アーバンハートは、可能であれば現存する組織のメカニズムを通して実施されることが望まれます。データは、できる限り既存の情報システム及び規定の報告書から収集することが勧められます。

4. 証拠と対策の明確な関連付け
アーバンハートが導き出す証拠は、健康格差是正に向けた実現可能な戦略および事業に明確に結びつけられます。

お問い合わせ

WHO健康開発総合研究センター
〒651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1
I.H.D. センタービル 9階
電話:(078)230-3100
FAX:(078)230-3178
電子メール: wkc@who.int