WHO神戸センター新研究発表会開催のお知らせ

4月7日は世界保健デー(World Health Day)です。
WHOでは毎年、この日に健康に関するテーマを選び、世界各地で啓発を行っています。
今年のテーマはユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)です。
ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは世界中の誰もが、必要な時、 必要な場所で経済的に困窮せずに必要な保健医療サービスを受けられることを意味します。世界中の誰もが、生活のために健康を犠牲にするようなことがあってはならないのです。

WHO神戸センターではユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の実現を目指して、革新的なソリューションを研究し、高齢社会に対応する政策研究を推し進めています。

このたび、WHO神戸センターは神戸市と共催で、世界保健デー記念・神戸医療産業都市20周年記念「はっと! ! KOBE 健康フェア」をHAT神戸のWHO神戸センターとJICA関西にて下記のとおり開催します。

WHO神戸センター会場ではWHO神戸センターの新研究を紹介する研究発表会を開催。また、WHO神戸センターツアー(説明会)を実施します。
JICA関西会場では、五輪メダリストの朝原宣治氏を招いた講演会「挑戦を続ける人にチャンスがある~オリンピックをとおして学んだこと~」(要予約)などが開催されます。詳しくは神戸市の発表をご覧ください。

(世界保健デー(4月7日)は世界保健機関 (WHO) が設立された 1948 年 4 月 7 日を記念して設けられました)

世界保健デー・神戸医療産業都市20周年記念
はっと!! KOBE 健康フェア

日時: 2018年4月7日(土) 10: 00-16: 00(一部17時まで)
会場: WHO神戸センター、ならびにJICA関西
(WHO神戸センター会場: 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1 I.H.D.センタービル9階)
(JICA関西会場: 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)
参加費: 無料

Programme:

WHO神戸センター会場

10:00-12:00
WHO神戸センター新研究発表会

「寝たきりにならないために入院中の過ごし方を科学する」
和歌山県立医科大学 リハビリテーション医学講座 田島 文博 教授

「高齢社会におけるアシスティブテクノロジーの研究と展望」
大阪医科大学 総合医学講座リハビリテーション医学教室 佐浦 隆一 教授

「高齢者のリハビリ効果の測定」
奈良県立医科大学リハビリテーション科診療部長 城戸 顕 教授

「認知症の社会負担軽減に向けた神戸プロジェクト」
神戸大学医学部附属病院臨床研究推進センター 永井 洋士 教授

「災害後の人々の健康維持・回復に向けたケア戦略の開発」
兵庫県立大学地域ケア開発研究所 山本 あい子 教授

12:30-12:50
第1回WHO神戸センターツアー(説明会)


15:00-15:20
第2回WHO神戸センターツアー(説明会)


※プログラムは一部変更になる可能性があります。

WHO神戸センター研究発表会は申し込み不要、WHO神戸センターツアーは当日JICA関西1階にて申し込みを受け付けます(定員25名(各回))、いずれも無料。